320-0032 栃木県宇都宮市昭和2-7-5
TEL.028-678-4745 FAX.028-678-4746

一般社団法人

栃木県若年者支援機構

​【採用情報】

栃木県若年者支援機構では、全ての子ども・若者が将来に希望を持てる未来を目指しています。
困難を抱えている子ども・若者であっても将来はそれを乗り越え、活躍できる社会が必要です。
様々な困難(不登校経験や引きこもり、対人不安など)を持った若者が、社会に近い環境で実践的な就労体験を積み、段階的に就労へとつなげるプロジェクトから始まった当団体も設立8年目を迎えました。

現在は、若者の就労支援に加え、生活困窮家庭の子供たちへ学習支援や子ども食堂の運営など、子供から若者まで幅広い方々に対応できる体制を築いています。 より包括的な支援体制を一緒に作るスタッフを募集しています。日々の地道な支援が困難を抱える子どもや若者に大きな力と勇気を与えていきます。共に活動してくださるスタッフを募集しています。

 

■ 募集職種

①ジョブトレーナー

就労に対して不安や悩みを抱える若年無業者を対象として就労・自立を目標に仕事における基礎的な素養・作業指導を行います。 協力企業・農家などが提供してくださる訓練現場に登録生を引率し、必要に応じてアドバイスをしながら、一緒に作業に取り組みます。 (作業内容は農作業・中古車クリーニング・工場内作業・マンション共用部清掃等)

 

②学習支援員

発達障害や学びに困難を抱える子どものための学習塾で主に小学生から中学生を対象に一対一で個別指導を行います。 心理スタッフからのフィードバックや本人、保護者の声を聴きながら、教育・福祉の両面から学習支援計画を立て、本人の理解度や学習進度に合わせ学習をすすめていきます。

 

 

■リクルート説明会

日時 

2017年 9月19日(火)16:30~17:30 

2017年 9月30日(土)16:30~17:30


場所 

栃木県若年者支援機構オフィス(宇都宮市昭和2-7-5 2F)
 

内容 

団体のミッションや事業内容の説明
ポジションごとの仕事のイメージ

給料等の待遇
個別相談(希望者)

 

■お問合せ/お申込み   

info@tochigi-yso.org

【代表からのメッセージ】

今から20年前、高校中退した若者たちの支援に向き合ったのが始まりでした。
学歴、職歴がない若者、体力がなかったりコミュニケーションが苦手な若者はなかなか就労に結びつきませんでした。初めは彼らに学歴をつけたり職歴をつけるためにアルバイトに向かわせたりと、社会が望む若者にしようと一人意気込んでいました。しかし、ある時気づきました。
「彼らを変えようとすること自体が間違っているのではないか。彼らを変えるのではなく、ありのままの彼らを受け入れる場がないことがそもそもの課題だ」と思うようになりました。「彼らが自らのペースで経験を積めるような場をこちらが作った方が良いのではないか?どのような若者でも一歩一歩進んでいける就労体験を我々が作ることこそが重要なのではないか。」

 

11年前にサポステを運営してからもっと多くの就労に苦しむ若者たちと出会いました。働きたいけど働けない。彼らと話していくうちに、段階別の就労体験が必要だということがより実感して、今の法人を作るきっかけとなりました。 

 

法人を設立して間もなく、段階別の就労体験を経ても就労できなかったり、就労してもすぐ離職してしまう若者がいたました。それは発達障害に近いグレーゾーンの若者でした。彼らと話していくうちに、彼らがその特性ゆえに小中学校で怒られたり、ダメ出しされて自己肯定感が限りなく低いことがわかってきました。そこで、小中学校の時に発達障害の特性を理解して学習支援し、学ぶことが楽しいと思える場が必要だと実感しました。発達障害や学びに困難を抱える子ども達を応援する学習塾「ANDANTE」はこうして始まりました。 

働きたくても働けない…増え続ける若者に段階別の就労体験は就労への近道になります。その若者を支え、勇気づけ、社会へと送り出すジョブトレーナーの存在はより大きなものです。ぜひ、私たちと一緒に様々な困難を抱えている若者を応援してください。

 

学びに困難を抱える子ども達…まだ学校現場では発達障害の理解が進んでいません。その中でグレーゾーンの子ども達は学びで評価されずに自己肯定感を下げてしまいます。子ども達の特性を理解し、丁寧に指導すれば出来ることは増えてきて、それはやがて自信につながり、学ぶことの楽しさを見つけていきます。ぜひ、子ども達に寄り添って学びを支えて下さい。

 

一般社団法人 栃木県若年者支援機構 代表理事 中野謙作